ランプ 照明 ホロフェーン ジェルデ フランス

ホロフェーン(Holophane)のアンティーク・ビンテージ照明をご紹介

ホロフェーン,Holophane,アンティーク,照明

 

ホロフェーン(Holophane)はアメリカのオハイヨ州で生まれたメーカーで

 

看板ライトのシェアではトップシェアを誇る等、実際に商業施設や工業施設等で

 

日常的に使われていながら、高いデザイン性でオシャレな感じを出していますね。

 

さすがアメリカをはじめフランス・ドイツ等のヨーロッパ(欧州)でも

 

高い人気を誇っているだけありますね。

 

 

このホロフェーン(Holophane)は反射板をつけていなく明かりを付けた際に、

 

かさの外側にも光が漏れる感じは非常にロマンチックで見ていけばいく程

 

味わい深く飽きないデザインは機能性を重視して出来た結果のデザインでしょうか?

 

 

機能美をしっかりと持ちながら、フランス独特のオシャレなデザインを実現しているのは

 

さすがですね。

 

ご興味ある方はぜひ見てみてください。

 

 

ホロフェーン,Holophane,アンティーク,照明

アルテミデ,Artemide ,トロメオ,LETTURA,イタリア

 

イタリアArtemide アルテミデのトロメオランプがヤフオクに出品中です。

 

見た瞬間からシンプルでありながら、なにか気になるデザインです。

 

よく見るとアームの角度を保持するケーブルがあり、これがデザインのアクセントに

 

なっていますね。

 

アルテミデ,Artemide ,トロメオ,LETTURA,イタリア

当然デザインのためにあるのではなく、しっかりとアームの角度を保持する。

 

という役割があった上でのデザインというのが良いです。

 

また塗装を掛けずポリッシュされてあるアーム部分はアルミの質感が活きた

 

デザインをしています。

 

こういった素材の綺麗さを活かした設計はイタリア人はうまく非常に良いですね。

 

 

オフィスにこういった照明があるだけでも、仕事が楽しくなりオフィス全体の雰囲気も

 

良くなりますね。

 

ご興味ある方は一度見てみてくださいね。

 

ホロフェーン,Holophane,インダストリアルランプ

続きを読む≫ 2013/08/19 20:23:19

ホロフェーン,Holophane,インダストリアルランプ

ヴィンテージインダストリアルランプのホロフェーン(Holophane)がヤフオクに

 

出品されています。

 

 

実際に工場照明としてよく使われているランプだけあって、無骨で飾り気のない中にも

 

機能美とも言えるシンプルな美しさがありますね。

 

 

金具部分はキズが有ったりかすれているシールがありますが、汚すぎず新しすぎない

 

絶妙なビンテージ感が出ていますね。

 

 

このキズはそのままにして、歴史を感じながら使うのがお勧めです。

 

ホロフェーン,Holophane,インダストリアルランプ

照明をつけた様はホロフェーン独特の反射板を付けないガラスだけのシェードで

 

ランプ上部にも光が漏れてなんとも言えない雰囲気があります。

 

 

眺めるだけでなく、実際に明かりを付けることでも楽しむことが出来る素晴らしい照明です。

 

海外でも熱烈なファンがいるホロフェーン

 

ホロフェーン(Holophane)は実は現在アメリカ(USA)やフランスでもなかなか

 

手に入れることが出来ない希少な照明で海外でも品薄が続いている商品で、

 

海外で購入しても日本と同じくらいの値段がします。

 

 

ご興味のある方は是非ヤフオクでも一度見て見てくださいね。

 

その素晴らしさに欲しくなってしまうかもしれませんよ。

 

ホロフェーン,Holophane,インダストリアルランプ

続きを読む≫ 2013/08/19 19:17:19

バウハウス,Midgard,ビンテージ,ランプ,アンティーク

バウハウス系アンティーク照明 Midgardをご紹介です。

 

アーム部分はしっかりとポリッシュされおり良い感じに味が出ていますね。

 

シェード部分は今もしっかりと黒いつやを保ちながら、綺麗すぎずにアンティークの

 

ヴィンテージ感が出ています。

 

 

特にシェードの根本部分のポリッシュされた銀色との組合せが絶妙ですね。

 

引きでこのランプの全体を見ると、特にこのデザインの優秀さが分かりますよ。

 

バウハウス,Midgard,ビンテージ,ランプ,アンティーク

 

土台はジェルデ(Jielde)ランプでもよく使われている車のディスクブレーキを流用したものを

 

利用しており、デザインし過ぎていないインダストリアルなデザインの良さがあり、

 

好感が持てます。

 

バウハウス,Midgard,ビンテージ,ランプ,アンティーク

また、アーム部分の繋ぎ目には金色で「Midgard」と金属プレートに押し出し加工してあり

 

質感があり、ワンポイントになっておりこういったところにも手を抜かずに作られているのは

 

コストダウンが今ほどいしきされていない、アンティーク照明の良い所ですね。

 

ぜひみなさんも、この素晴らしい質感とインダストリアルな機能美を楽しんでみませんか?

 

バウハウス,Midgard,ビンテージ,ランプ,アンティーク

続きを読む≫ 2013/08/19 16:22:19

バウハウス,Midgard,ビンテージ,ランプ,アンティーク

 

当サイトでも大人気のアンティークランプ美品のmidgard社シザースランプのご紹介です。

 

Midgardはバウハウス系のアンティーク照明として現在非常に注目度の高い

 

アンティークランプです。

 

 

ご紹介しているMidgardは年代は1930年〜1940年位の物で、この年代にして

 

この綺麗さはなかなか出ません。

 

手の込んだバウハウス系ランプMidgardです。

 

一度塗装を剥離してその後丁寧に手磨きしているもので、かなり手の込んだ作業を

 

していることが分かります。

 

 

Midgardランプは分解できない箇所が多く、この手磨きは熟練した職人が時間を相当かけないと

 

出来ない物です。

 

 

所々に金属のくすみが見られますが、これくらいのくすみは私であればあえて磨かず

 

このアンティークランプの味としてとっておきます。

 

 

もちろんピカールなどでしっかり磨いても、元々の金属の素材がコストがかかっている

 

良いものなので素晴らしい光沢が得られると思います。

 

バウハウス,Midgard,ビンテージ,ランプ,アンティーク 

 

形に関してもMidgard社特有の楕円のシェード開口部分は健在でこの何とも言えない形は

 

見ているだけでも良いですね。

 

 

また、シザースアーム部分の複雑な作りも精巧で動かしてみると、その素晴らしい作りと

 

折りたたんでも伸ばしても素晴らしいデザインであることがわかりますね。

 

 

シザーズアームが、Midgardランプの様々な形を楽しむことが出来飽きることがありません。

 

 

ここまで程度の良いシザーランプはなかなか無いのでMidgardにご興味のある方は

 

一度見てみてはいかがですか?

 

バウハウス,Midgard,ビンテージ,ランプ,アンティーク

続きを読む≫ 2013/08/19 12:57:19

ジェルデ(jielde)は接合部分のネジの締め方で接合部分の動きをある程度調整は

 

出来るのですが、よく思ったよりも動きが硬い。

 

といわれる方が多いです。

 

恐らく色々な方がジェルデ(jielde)は配線も無くスムーズに動くと言いまくっているので、

 

軽い力で動くと勘違いしてしまっているのです。

 

ジェルデ(jielde)はスムーズに動きますが、軽い力で動くことはなく大きく向きを

 

変えたりする場合は、両手を使って位置を決める必要があります。

 

しかしそれにはちゃんとした理由があります。

 

ジェルデが硬い理由とは!!

ジェルデを位置調整する際に固く感じる理由とは

 

一度決めた位置を維持し続ける為。

 

という事です。

 

Holophane,ホロフェーン,アンティーク照明,ヴィンテージ照明

軽い力で動く照明機器は、セットする時は簡単にセット出来てもも時間がたつと少しずつ位置が

 

変わってしまい再度調整が必要。

 

ということになるケースが非常に多いです。

 

しかし、ジェルデ(jielde)は一度位置を決めたらしっかりとその位置を維持し続けてくれます。

 

よって長時間集中して作業に没頭できるのです。

 

さすがプロ仕様の機械ですね。

 

単なるおしゃれな照明機器ということで終わっていないのがさすがです。

 

Holophane,ホロフェーン,アンティーク照明,ヴィンテージ照明

続きを読む≫ 2013/08/14 14:19:14

Holophane,ホロフェーン,アンティーク照明,ヴィンテージ照明

ジェルデ(jielde)のランプをアンティークで買う際に特に気を付けるべき点のお話をします。

 

基本的にはジェルデ(jielde)は非常に丈夫ですし傷があっても、それがアンティークの

 

醍醐味だったりしますので、それほど気にすることはありません。

 

しかし、ジェルデ(jielde)の特徴でもある接合部分は気をつけたほうが良いです。

 

ジェルデの接合部分はアンティークの場合特に確認すべき箇所

Holophane,ホロフェーン,アンティーク照明,ヴィンテージ照明

 

こちらの記事で紹介しているとおり、通常のジェルデ(jielde)は接合部分に

 

配線を行なわない仕組みです。

 

しかしこの接合部分は特殊な部品が必要なため、壊れた際に通常の配線に

 

してしまっている個体が極希にですがあります。

 

そうすると当然普通のジェルデ(jielde)の様に接合部分を動かし続けると断線して

 

しまいますので危ないですね。

 

よってヤフオク等で怪しいと思った場合はしっかり質問をしたり、それでも心配であれば

 

買わないことも考えたほうが良いです。

 

Holophane,ホロフェーン,アンティーク照明,ヴィンテージ照明

 

あとは使用する電球の種類ですね、アンティークの中には現在でも問題無く使用出来る

 

ソケットに変更されているものが多いのですが中には、あえて昔のままのソケットを

 

使用している方もいらっしゃいます。

 

その場合は良くアンティーク球と言われるような特殊な電球を必要とする必要があります。

 

その場合は一般的な電器店等で扱っているケースは少ないので、インターネットでの

 

ショップや、大きなホームセンターに行く必要がありますので注意が必要ですね。

 

まあそういう電球にもいろいろ種類があって選ぶのも楽しかったりますけど。。。

 

一応気を付けておいたほうが良いですね。

 

Holophane,ホロフェーン,アンティーク照明,ヴィンテージ照明

続きを読む≫ 2013/08/13 09:17:13

Holophane,ホロフェーン,アンティーク照明,ヴィンテージ照明

 

ジェルデ(jielde)はシンプルでおしゃれなデザインの照明機器です。

 

フランスのメーカーでフランスで話題になってから現在では世界的に人気があります。

 

しかしジェルデはもともと細かい仕事をする職人や病院の医師が使用する照明機器で、

 

ある特徴的な機能から有名になった照明機器です。

 

ではこのジェルデ(jielde)の最大の特徴は何でしょうか?

 

断線のない照明機器

Holophane,ホロフェーン,アンティーク照明,ヴィンテージ照明

 

それは、写真のように可動部分には配線を使わずに、常に鉄のリングが接触しあっている

 

ことにより電気を通しているので、

 

どれだけ可動部を動かし続けても断線することがない。

 

という事です。

 

それによって、何度も角度を動かして使用するような環境で、多く起きていた断線という

 

トラブルから開放されたことで、非常に重宝されました。

 

このそもそも断線が起きやすい継ぎ目で配線を行なわないので、断線がないという事が

 

このジェルデ(jielde)の最大の特徴なのです。

 

Holophane,ホロフェーン,アンティーク照明,ヴィンテージ照明

続きを読む≫ 2013/08/12 09:17:12

Holophane,ホロフェーン,アンティーク照明,ヴィンテージ照明

ジェルデ(jielde)はもともと医者や工業施設といった現場でしっかりと使えるようにと、

 

考え設計された照明機器で、もともとはその使いやすさや信頼性の高さから

 

普及したものでした。

 

そういった中でジェルデ(jielde)が最も特徴的で作業する現場でも受けたのが、

 

こちらの記事でも紹介した金属製のリングを組合せてジョイントが回転することで

 

配線をなくし、断線のトラブルを無くした。という配線の技術です。

 

とうぜんこの配線の仕組は非常に便利で断線の心配もないので心置きなく、

 

ぐるぐる回したり角度を変えるときも断線しない妙な安心感があります。

 

ジェルデは断線しないだけではない

 

しかしジェルデ(jielde)の素晴らしい部分はここだけではないんです。

 

それは、この黒い取手部分です。

 

Holophane,ホロフェーン,アンティーク照明,ヴィンテージ照明

 

仕事や作業に使用する際に微妙に角度を変えたい場合がありますね。

 

その際に通常の卓上ランプですと、ランプの傘(シェード)部分を持って調整することに

 

なります。

 

すると微妙な角度調整がしづらかったり、反射板を触ってしまって汚れが付いて

 

しまったりと結構使いづらいことがありますよね。

 

しかしジェルデ(jielde)はこのシェードを回りこむ金具をつかんで角度調整を

 

することができます。

 

それによって持ちづらかったり反射板に触ったりすること無く、微妙な角度調整が

 

出来るのです。

 

文章で書くとそうでもないような機能に感じるかもしれませんが、実際に使ってみると

 

その使いやすさは感動モノです。

 

是非一度本物の使いやすさを体感してみませんか?

 

Holophane,ホロフェーン,アンティーク照明,ヴィンテージ照明

続きを読む≫ 2013/08/11 09:16:11

Holophane,ホロフェーン,アンティーク照明,ヴィンテージ照明

ジェルデはアンティークの家具として有名で、意外と知られていないのですが、

 

今でも新品もしっかりと販売しています。

 

色もブラック/ホワイト/バーガンディ/グレーとあり渋めの色で、シンプルかつおしゃれな

 

外観も健在で良いですね。

 

 

ジェルデ(jielde)の新品とアンティークの大きな2つの違いとは何なのか?

Holophane,ホロフェーン,アンティーク照明,ヴィンテージ照明

 

ジェルデ(jielde)は圧倒的にアンティークの物のほうが

 

人気があります。

 

ではその人気の秘密はなんなのでしょうか?

 

 

ジェルデ(jielde)ファンの中では下記の2点を言われることが

 

圧倒的に多いです。

 

それは

 

 

・スイッチがプラスチック製の場合がある
・タグがシールの場合がある

 

上記2点ですね。

 

しかし最近のものは金属のスイッチ、金属のタグにまた戻ってきています。

 

やはり評判が良くなかったのでしょう。

 

しかし在庫品でまだシールのジェルデ(jielde)を何も言わずに販売する業者もあるので

 

しっかりと確認してから買うのが得策です。

 

具体的にプラスチックのスイッチをお見せしますと、こういった感じです。

 

 

 

気になり始めると気になる部分ですし、買おうとしたお店がシールのものしか

 

扱っていなければ他の所で買えば良いだけです。

 

ご紹介しているIDEEショップではしっかりと確認を行なってから購入することが

 

できますので、安心ですね。

 

Holophane,ホロフェーン,アンティーク照明,ヴィンテージ照明

 

Holophane,ホロフェーン,アンティーク照明,ヴィンテージ照明

続きを読む≫ 2013/08/10 14:13:10

Holophane,ホロフェーン,アンティーク照明,ヴィンテージ照明

ジェルデ(jielde)はもともと工業用の照明メーカーとして1950年に創業された医者や

 

工業の現場で使用されるために作られた照明機器です。

 

 

しかしそのデザインの良さから1980年台からフランスでデザイナーやスタイリストといった

 

おしゃれに敏感な人達が使い始めたのをきっかけに一気にフランスの主にデザイン関係の

 

インテリアにも広がった照明器具です。

 

日本でも売り切れ簇出のジェルデランプ

 

日本でもここ数年で、おしゃれなアンティークランプといえばジェルデ(jielde)と

 

インテリアデザイナー等にも認知されるほどの人気ぶりで、ヤフオク等でも非常に

 

人気がある商品で、良い物はすぐに売り切れてしまう状況です。

 

Holophane,ホロフェーン,アンティーク照明,ヴィンテージ照明

 

今回紹介しているジェルデランプはフランスから仕入れてこられた一品で、

 

味があり非常に良い状態の物です。

 

細部を見ていっても良い感じでやれていっていますね。

 

 

ジェルデ(jielde)のアンティークランプはおしゃれだけど良い状態のものが無い。

 

とお考えの方は是非一度見てみて頂きたいです。

 

きっとその商品のレベルの高さに驚かれると思いますよ。

 

Holophane,ホロフェーン,アンティーク照明,ヴィンテージ照明

続きを読む≫ 2013/08/10 14:12:10